観光情報

古き良き城下町と現代アートが出合う。日本の美を訪ねる旅

poster2016-p00sm_ss

和の国、日本は昔から自然と共存しながら、暮らしを豊かにしてきました。
治安が安定した江戸時代には流通と商いが発展し多種多様な文化が開花。
ここ丹波篠山は、そんな江戸の町並みが残る城下町があります。

 

 

篠山は、京都から山陽、山陰にかけて交通の要衝として知られています。
慶長14年(1609)、徳川家康の命により築城した篠山城と翌年に整備された城下町は
丹波国篠山藩6万石の領地として栄えました。

 

特に、篠山城の西に位置する「御徒士町武家屋敷群」と
南東に位置する「河原町妻入商家群」は
それぞれ武家と商人の町屋の特色がよくわかります。

 

格子戸や袖壁、うだつ、妻入りの商家建築が往時の城下町そのまま
江戸時代の歴史的景観、風趣に富んだ情景を今に伝える貴重な地区で
国の重要伝統的建造物群保存地区となっています。

 

長年熟成された町並みは、古くは新しく美を宿し人々を魅了します。
粋でお洒落な場所として今では古民家カフェや雑貨・陶芸店なども軒を連ねています。
散策しながら自然と調和した町並みを眺めていると、
まるで当時の江戸町に迷い込んだようなリアルな体験ができます。

 

毎年「河原町妻入商家群」では、大人お洒落なアートなお祭りが開催されます。
町屋の一軒一軒がギャラリーやアトリエとなり、
篠山ゆかりのアーティストたちの作品展示やワークショップが開催され
県外からの観光客もたくさんいらっしゃいます。

 

河原町そのものが美術館となった通りを散策して
江戸の町並みと素敵なアートをご覧になってください。

 

 

●丹波篠山・まちなみアートフェスティバル 2016

開催:9月17日(土)~25日(日) 8日間
※9月20日(火)は休館
会場:篠山市河原町妻入商家群
(国重要伝統的建造物群保存地区)
問合せTEL:079-552-2524
http://sasayama-art.com/

 

 

「御徒士町武家屋敷群」すぐ近くにホテルNIPPONIAのオナエ棟とサワシロ棟が、
「河原町妻入商家群」には、ノジ棟、シオン棟があります。
ご休憩、レストラン、お泊りに、ぜひホテルNIPPONIAへお立ち寄りくださいませ。

 

 

●今おすすめの宿泊プラン一覧はこちらをご覧ください。

http://www1.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sasayama

 

 

poster2016-p00sm2008-pre01