宿泊

【8/8オープン】 ホテルNIPPONIAの新しい宿泊部屋、障子庵「SYOUZI-AN」

img_2047s-1024x682

日本を代表するプロダクトデザイナー喜多俊之氏がプロデュースする
「篠山ギャラリーKITA’ S」の2階部分に、「篠山城下町ホテルNIPPONIA」の新たな宿泊部屋
障子庵「SYOUZI-AN」が誕生!2016年8月8日(月)よりオープン!

 

 

 

 

篠山城の北に位置する青山通りの一画にある、古民家を改装したギャラリー。
昭和初期の趣きはそのままに2010年春に開店した「篠山ギャラリーKITA’S」があります。

 

 

■素敵な暮しの道具を紹介する「篠山ギャラリーKITA’S」

 

こちらのギャラリーをプロデュースする喜多俊之氏が40年に渡って取り組んできた
伝統産業を支える職人たちとのコラボレーションで生まれた作品をはじめ、
各地の作家達による作品発表の場となっております。

 

・篠山ギャラリーKITA’S
http://www.sasayama-kitas.jp/

 

 

 

■障子庵「SYOUZI-AN」 2016年8月8日オープン

 

古民家の趣きとデザイナーズ家具が共存するくつろぎの空間。
美しさと機能性を極めたファニチャーに触れられる贅沢。

 

「篠山ギャラリーKITA’S」の2階にあるこちらのお部屋は、
日本家屋の伝統と現代の快適さ融合させた宿泊部屋。

 

ハイクラスで機能性に優れたKITAデザインのライトやチェアを配しながら、
三方向から障子越しの光がそそぎ込む気取らない和の空間。
すべてを穏やかに包み込み、時の流れまでも特別なものにしてくれます。

 

障子は平安時代に襖(ふすま)から発展した日本を象徴する建具。
日の光を優しく遮り、自然の明かりを程よく取り入れます。

 

湿度の高い日本の気候に適し、吸湿性を持ち結露を防いで
急激な室内温度の変化を抑える効果もあります。

 

間をゆるやかに仕切りながら、人に安らぎを与える障子。
日本人が大切にしてきた思いやりの心が息づく空間がここにあります。

 

都会では得られない、自然の四季を感じ、人のあたたかさにふれ合い、
まるでここで暮らしているかように泊まれる豊かな時間を体験してほしい。

 

飾らない篠山の日常は、長く滞在するごとに惹かれる魅力があり、
本当の癒しを求める旅人を優しく迎えてくれます。

 

古民家の趣きとデザイナーズ家具が共存するくつろぎの空間をぜひ味わってみてください。

 

・障子庵「SYOUZI-AN」

http://sasayamastay.jp/stay/syouzian.html

 

・おすすめの宿泊プランはこちらをご覧ください。

http://www1.489ban.net/v4/client/plan/detail/customer/sasayama/plan/35425