400年の歴史に、とけこむように泊まる

城下町に点在する、5棟でひとつのホテル

今なお数多くの史跡や文化財が残る美しい城下町全体をゆるやかにホテルの敷地ととらえ、フロント・レストランはONAE棟にございます。
ONAE棟でのチェックインが済んだら、地元のカフェや雑貨店、老舗の和菓子店などが並ぶ城下町の空気に触れながら宿泊棟へと向かいます。

歴史的建築を守り、受け継ぎ、
時空を旅する新しいリゾート

NIPPONIAのリノベーションコンセプトは、建物が最も輝いていた時代の趣や風情を取り戻すこと。それぞれの邸宅に残された芸術的な建築技術や意匠に、現代の感性と快適性を融合させたデザインは当時の日本建築の魅力を甦らせ新しい価値を生み出すことで、ここにしかない上質空間を演出しています。

ご宿泊にあたって・・・
古民家の趣を出来るだけ残しているため、断熱性や機密性は高くありません。また、お部屋にはTV・時計をご用意しておりませんあらかじめご理解ください。

 

土地に愛される
菊の名前を冠した5つの宿泊棟

5つの宿泊棟には旧篠山藩主が当時の将軍から拝領した「お苗菊」にちなんで、可憐な菊花の名が付けられました。
客室は蔵や離れなどそれぞれのお部屋によって趣が異なり一つとして同じ部屋はなく、訪れる度に新たな体験と発見を手にする愉しみがあります。